読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

味なし毒のお皿β

二代目毒のお皿

濾過して生きる

曇りの日は気分が沈んで眠くてなかなか動き出せない。もうお昼だ。あーあ

自分に甘すぎるのかとも思う。雨でも普通に過ごしてる人もいるし、だるいの我慢してる人もいるし。アルバイトを何年も続けてる人もいるし会社で毎日働いている人もいるし、辛いことを我慢して毎日みんな働いているし生きているし、大変なこと我慢しなきゃこの先やっていけないとよく言われるし自分でも思うけど、果たして本当に辛いことを我慢する必要はあるのでしょうか。嫌な上司に嫌なことされたり、毎日辛くてボロボロになりながら働くほどの価値が社会にあるのか?その先に何が待ってるの?その待っているものは辛い毎日が清算されるほどのことなのだろうか。私にはわかんないなぁ。こんなに辛い思いをしなきゃ生きていけない社会ならこっちから願い下げださよならしてやる。

毎日楽しく穏やかに生きるために嫌なところから脱出し続ける。それが私の努力。屁理屈ですかそうですかさよなら。

眠れぬ夜は自分のせいを久しぶりに聴いたらビレッジのライブに久しぶりに行きたくなった。かゆー