読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

味なし毒のお皿β

二代目毒のお皿

さんがつ最終少女ひかさ

三月にはいって最初のライブに9日に行ってきたんだけど、全然余韻から抜け出せなくてツイッターにも何度も何度も長文ツイートしちゃってしょうがないからここに吐き出す。

最終少女ひかさ というとても素敵なバンドについて。

知ったのはテスラは泣かないの公式サイト、対バンをぼーっと眺めてたら飛び込んできたなんか変わった名前のバンド。なんだこいつら、奇をてらった感じのバンドかーとか思ったんだけどとりあえずyoutube見て、見て、ふーんって見て、気づいたら動画全部見てツイッターもみんなフォローしてライブのスケジュールみて、いつのまにかめちゃくちゃ気になるバンドになってた。去年の9月のことだった。いつかひかさがとても大きくなった時、私はこのころから彼らに夢中だったんだよ。って言ってやる。それで10月の始めに、名古屋くるって発表があって、後々わかったんだけどhotspringも一緒に回るって、すごく嬉しくてやっとやっとライブハウスで会える!って思って。12月3日初めて最終少女ひかさに会えた。やっと。やっとだった。動画で見てたよりもずっと攻撃的でビリビリしててとてもびっくりした。興奮さめやらぬ感じだったから、話しかけるのすごくすごく苦手なのに挙動不審なかんじで物販のしゅんきさんにすごくよかったって不器用な感じで言って、次も必ず来ます!って、いつ来るかもわかんなかったのに言って、次1月にまたくるよっていってもらってすごく楽しみで、這ってでもいきますって言ったらしゅんきさん苦笑いしててあはは。

1月クアトロで二回目。すごくドキドキしてた。なんでかしらないけど

始まる前にもうメンバーがいて、楽しみにしてますって伝えなきゃだめだと思ったから手とか震えてたけど言えた。未だに全然話しかけに行けないからいつか思ってることみんなに伝えられたらいいなぁ。たくさんあるんだよ。

クアトロはとても広くて、全然人がいなくて、広い会場を但野さんは走り回って、暴れまわってとても攻撃的だった。1度目よりも全然ザクザクだった。私も周りなんか見えなくなって夢中で踊れたとても素敵な空間。

終わってメンバーみんなと話ができて、しゅんきさんが覚えてくれててすごく嬉し恥ずかしかった。ラモネスさんは話をじっと聞いてくれるからとても好き。上靴履いてるのも好き。大好き。但野さんはすごく怖い人だと思ってて一番話しかけられなくて、彼の歌は私の中の芯の方をひっつかんでかっさらっていってしまうから伝えなきゃなって話しかけて。そしたら全然怖くなかった。目をみてしっかり話を聞いてくれる素敵な人だった。スカスカなフロアだったけど楽しかったって言ってくれた。私こそ楽しかったって伝えなきゃいけなかったんだけどうれしかったな。みんなのサインももらって、私は確かにあの日にそこに生きてたって証拠になる気がしてすごく嬉しかった。いつかこの会場を一杯にしてワンマンをしたいって言ってたことをずっと覚えていようと思う。

3月9日は人が今までで一番多くて、でもまだ全然足りない。だけど初めて見た人たちもみーんな魅了しちゃって、前回よりもバッキバキで、ザクザクに刺されて、間違いなくあの日の一番だったと思う。いぎありの発売のお祝いみたいな感じで絵を描いて渡しに行ったから恥ずかしくて全然話せなかった。ばかだなぁ。次はちゃんとしたい。但野さんはライブの最後にそのまま外に出て行っちゃって戻ってこなくて、全部終わった後も四人だけ物販に並んでた。あと、始まる前にラモネスさんに少しだけど話しにいけて、それでいい紙に刷っちゃったってチラシを大切にしてくれそうな人にあげるって言われて、その言葉がすごくすごく嬉しくて、またピンクの頭の子くるかなって言われてて、みんなに覚えられてたのすごく嬉し恥ずかし。でも名古屋に来るとき、私はずっと待ってるから、私が夢中になってあなたたちを見てるから、受け止めるからどうか安心して暴れまわってほしくて、だから私がいるって思ってもらうのは嬉しい。の。

終わってすぐ帰っちゃったんだけど、外出た時に偶然但野さんがいて、びっくりしたから全然いいこと言えなくてすぐ帰っちゃって、それがすごく後悔。次は名古屋の予定ないらしいけどずっとずっと待つ!

私は彼らの歌に救われてるんだけど、なんでかはもうこんなとこに書いても何の意味もないからいつかちゃんと話せるようになった時に本人たちに伝えるべきだと思う。その時までずっとあっためておく。大好きな人たち。きっとすぐに大きく大きくなるんだろな。